トップ > メディア・講演 -- メディア掲載・TV取材 > 執筆・コラム


掲載記事・TVニュースのご紹介

ニュース番組「グッドモーニング」
2017年 1月
全国の人気旅館ランキング

主な内容
・ランキングの紹介
・昨年1位→3位の旅館について
・1位に躍進した旅館の特長
ほか

 

 

読売新聞 群馬版
2016年 11月
群馬県事業者向けインバウンドセミナー

主な内容
・インバウンドの2つの柱とは何か?
・外国語だけで対応しない方法とは?
・これからのインバウンド
ほか

 

 

飲食店サイト 「ヒトサラ」 会報誌
2016年 2月
飲食店におけるインバウンド集客術

主な内容
・クチコミを増やす方法
・店内での外国人対応ですべき3つのこと
・インバウンド集客でのポイント
ほか

 

 

やまとごころ.JP
2015年 8月
やまとごころレポート【躍進するOTA。旅館との相性は?

主な内容
・OTA利用の4つのメリット
・OTA利用の5つのリスク
・インバウンド集客にあたっての賢い付き合い方
ほか

 

 


旅行新聞
2015年 3月
日本旅館協会 ホテレスITセミナー@東京ビックサイト
 

主な内容
・3つのサイト回遊がポイント
・OTAとトリップアドバイザー対策

・自社サイトのコンテンツ拡充で予約率アップ
ほか

 

トラベルニュース
2014年 11月
日本旅館協会関西支部連合会 ITセミナー
 

主な内容
・関西ではリアルジャパン志向が強まる
・諸外国の固有リスクを考慮しながら集客を

・ハラルの勉強は本当に必要か?
ほか

 

トラベルニュース
2014年 8月
地旅の宿ネットワーク九州ブロック会 懇談会に出席しました
 

主な内容
・宿泊単価が低い客が申し込む数倍高いオプショナルツアー
・地方活性に海外から外国人を集客

・外国語での地方観光情報は圧倒的に足りていない
ほか

 

山梨日日新聞
2014年 7月
山梨県インバウンド整備計画に関する検討委員会に出席しました
 

主な内容
・委員は山梨県商工会議所会頭、元観光庁長官、大学院教授、当社代表、JTB関東マネージャの5人で構成

・山梨の観光に関するアンケートのレビュー
・課題を洗い出し、対策をコメント

・山梨ブランドの絞込み、確立方法の検討
ほか

 

NHK『首都圏ニュース』
2014年5月
「東京オリンピック・パラリンピックに向けた山梨県のインバウンド整備計画に関する検討委員会が開催」
 

主な内容
・委員は山梨県商工会議所会頭、元観光庁長官、大学院教授、当社代表、JTB関東マネージャの5人で構成

・山梨県の現状を共有
・課題を洗い出し、対策をコメント

・計画の大綱を確認
ほか

 

読売新聞 埼玉版
2014年 2月
「ようこそ埼玉」埼玉各地の訪日外国人誘客の取り組み
 

主な内容
・埼玉県に広がる様々な取り組み例
・外国語標識、案内の拡充

・接遇面よりも集客面への注力が課題
ほか

 

フジテレビ『新報道2001』
2014年 1月
「SNSを駆使して訪日旅行をするタイ人旅行者の動態」
 

主な内容
・日本国内に住む在日外国人のクチコミ力
・日本が気にいっているから日本に住み、魅力を本国に伝える

・ネットを介して知らない間にリアルジャパンが伝播
ほか

 

フジテレビ『新報道2001』
2013年 11月
「急増する東南アジア客、フラッシュパッカーとは?」
 
主な内容
・東南アジアからの訪日客の特徴
・タイで最も有名な河口湖の宿(弊社クライアント旅館の事例)
・フラッシュパッカーの意味
ほか
右の記事を拡大して表示する

週刊『東洋経済』
2013年10月
「おもてなしで稼ぐ 観光立国の起爆剤」
 
主な内容
・インバウンドに積極的な旅館の先進事例(弊社クライアント旅館含む)
・長野、京都での外国人集客
・FIT化が進む中での旅館業界の現状
ほか
右の記事を拡大して表示する

日経流通新聞MJ
2013年9月
「SNS・ブログ活用したネットFIT、フラッシュパッカーを取り込め」
 
主な内容
・アジア客よりもまず欧米客取り込みが肝要
・リピート客はネットで日本を発信して情報を収集
・全国でクチコミ2位の宿の集客術
ほか
右の記事を拡大して表示する

TBS『ひるおび!』
2013年9月 
「100万人を突破したインバウンド。その課題とは?」
 
主なコメント内容
・訪日観光客が増えることの経済効果
・集客と接遇を取り違えない
・「思ったよりも安い」日本を情報発信
ほか 
右の記事を拡大して表示する 

ビジネス雑誌『月刊ビッグトゥモロウ』
2013年8月~
「達人に訊く!ネットを活用して伝統文化を海外へ!」
 
主な内容
・日本人が気づかない日本の魅力とは?
・他歴史、文化、食
・ディープな日本こそ人気の商品
ほか
右の記事を拡大して表示する 

産経新聞デジタル「イザ!」
2012年10月~2013年3月
小野秀一郎さんの「訪日観光を斬る!」
 
主な内容
・訪日外国人はここを見る
・後手に回る温泉地の特徴
・アジアの魅力、隣国から集客のリスク

 

 

 


「やまとごころTV」
2012年 8月
インバウンドの現状とネットを活用した旅館の集客術

主な内容
・海外市場に対する旅館・ホテルの勘違い
・外国語対応 外国人観光客の期待度
・震災後、円高下でも集客できている旅館に共通するポイントは?
・インバウンド 成果を上げる秘訣とは?

 

画面中の再生ボタンを押して動画にてご覧ください(約31分)

 


「旅行新聞」
2011年8月1日
専門家が選んだ2011年注目の温泉地
 
記事内容
  • 1位:城崎温泉、2位:奥飛騨温泉郷 3位:野沢温泉 

    ※選考基準は外国人観光客にとって魅力的な温泉地であること。  いずれもリアルジャパン志向を求める海外からの個人旅行者が  楽しめる、日本の情緒が色濃く残る温泉地であると思います。

右の記事を拡大して表示する

 


「熊本日日新聞」
2011年7月23日
熊本市・観光従事者向け講習会
 
記事内容
  • 熊本市で観光産業従事者向け講習会が2つ実施 
  • 東京ディズニーリゾート運営のオリエンタルランド理事と
        インバウンドにっぽんの小野氏が講演 

    コメント内容
  • インターネットを活用をして訪日観光についての情報収集と、
        旅行予約をする外国人旅行者が増えている 

右の記事を拡大して表示する

 


「トラベルディストリビューション」
2010年8・9月号
訪日外国人旅行  ビジネス最前線
 
コメント内容
  • ネットを活用した外国人集客の方法
  • 取り組み直後に月に30人集客した事例
  • 旅館側の意気込みの大切さ


    この号の目次・詳細とバックナンバーご購入はこちら
    トラベルディストリビューションサイトにてご覧ください。

右の記事を拡大して表示する

 


「旬刊旅行新聞」
2010年4月1日号
特集 英語圏「ネットFIT」を集客

 

  • コメント内容
    • 海外からの個人客は、旅慣れた英語圏から
    • 中国語圏はまだこれからの領域
    • 小さな一歩が肝心
    • ネットでは予算もリスクも小さくスタート可能
     
     

右の記事を拡大して表示する

 


フジテレビ「新報道2001」
2009年12月13日
漁港へ外国人を誘客する戦略
リアル志向のジャパン需要とは何か?

 

 

 

旅館のネット販売戦術に関する情報はこちら

 


フジテレビ「新報道2001」
2009年12月6日
飛騨・高山が外国人を魅了するワケとは?
「味」のある旅館とリアルなテーマパーク

 

 

 

旅館のネット販売戦術に関する情報は英語が話せなくても集客できる方法

 


テレビ朝日「スーパーJチャンネル」
2009年8月12日
温泉旅館のネット販売の現状の解説
(電話インタビューに答えました)

 

 

 

旅館のネット販売戦術に関する情報はこちら

 


インバウンド情報サイト やまとごころ.jp 
2009年7月16日
インバウンド業界 キーパーソン インタビュー

 やまとごころ.jp編集長による質問の一部↓


  • Ⅰ 旅館経営者のインバウンドに対する意識や理解は?
  • Ⅱ 昨年からの訪日外国人旅行者数の減少による影響は?
  • Ⅲ インバウンド未開始の旅館の抱えている問題は何か?
  • Ⅳ 小野氏の考えるインバウンドのあるべき姿とは何か?

     ※記事一部をこちらで閲覧できます。2~3ページ目を読むには会員登録(無料)が必要となります。
 

週刊ポスト 2009年4月20日
ニッポン再生「観光立国プロジェクト」を提唱する!
 
 内容の一部↓

  • PartⅠ 「外国人に敬遠される国」から脱する飛騨高山の挑戦
  • PartⅡ 雪とビーチが同時に楽しめる日本のポテンシャル
  • PartⅢ 日本が学ぶべきシンガポール・スイスの"成功の秘訣"
  • PartⅣ 観光立国への提言

    ※外国人の日本ファンの増やし方についてのコメントが掲載されました

    コメントの一部をインバウンドにっぽんにて公開しました

右の記事を拡大して表示する

 


NHK総合「おはよう日本」2008年10月2日
観光庁発足特集:日本語でおもてなしの取組み

 

 

 

 

 

 

日本語での接遇に関する詳しい情報はこちら

 


日本経済新聞社 産業地域研究所 2008年6月25日
高まるアジア・豪州のニッポン観光熱
 
内容の一部↓

  • 第1章 高まる訪日意向
  • 第2章 行きたい観光地―北海道人気高まる
  • 第3章 訪日意向者で目立つ目的―「温泉」「買い物」「グルメ」
  • 第4章 日本の世界遺産の知名度と訪問意向
  • 第5章 宿泊施設やカードの利用意向
  • 第6章 訪日旅行の日数と総予算

    ※外国人による旅館需要に関するコメントが掲載されました

    日経サイトでの詳しい目次・解説はこちら

右の記事を拡大して表示する

 


日経流通新聞「日経MJ」2008年4月30日
アジア・豪州6都市調査
 

説明文

 

 

 

 

 

 

 

右の記事を拡大して表示する

 


トラベルジャーナル 2007年8月7日号
日本の売り方
 

説明文

 

 

 

 

 

 

 

右の記事を拡大して表示する

 

 


多摩なび 東京西部限定のフリーペーパー 2006年10月号
経営者インタビュー
 

説明文

 

 

 

 

 

 

 

右の記事を拡大して表示する